新卒採用におけるインターンシップでの「母集団形成」手法

新卒採用における母集団形成の手段として、インターンシップが効果的である。

インターンシップでは早期に、まずは自社のことを知ってもらう。
実際早いうちから学生と接触する機会があるという事は、
学生にインターンをいいイメージで終えて頂いく事によって
口コミで企業イメージをあげてくれる可能性もある。

昨今の新卒採用に関しては、とにかく前倒し傾向が強い。
そして、今期に関しては学生の就職活動の終了時期もかなり早まっている。

前倒し傾向が強くなると、企業は優秀な学生にいち早く自社を知ってもらう必要がある
インターンには新卒採用において、直接的効果と間接的な効果がある。

1、直接的とは、インターンを希望した学生が自社の事を気に入り
そのまま採用に結びつくケース。

2、間接的とは、インターンにきた学生がインフルエンサーとなり良い評判を社外に広めていく。口コミを狙う。
それにより10月以降(就職サイトアップ後)のエントリー数をアップさせていくというものである。

実際、私は2の役割の方が大きいと思われる。
なぜなら、学生の口コミの力は想像以上に大きいからである。

私が学生時代就職活動をしている際には企業の評判を口コミ、
みんしゅうなどで情報収集しておりました。

学生に今後に立つようなコンテンツであれば、
友人から「あの会社はインターンしてみたけど、いい会社だよ。」
という話は就活時の学生はからはよく聞く言葉である。

インターンの募集に関して、
そもそもインターンに学生を集めるのが
困難と言う企業様もいらっしゃると思います。

就職サイトと同じようにインターンに関しても
インターンのサイトがございますのでこちらを活用して
インターンの参加者を募ることが出来ます。

コンテンツに関しては、
初めてインターンを開催される企業様には
悩みの種になる事もあると思いますが
学生さんが仕事というものを
肌で感じる事ができるようであれば
いいと思います。

そして学生さんはやった内容に関して、
フィードバックをしっかりもらえるというのは
評判がいいと思います。

普段自分がした事に対してアドバイスを
もらえる機会はあまりないので
非常に楽しいと思います。

ただし言い方が非常に重要になってくるとは
思いますが。

企業側にも早期に母集団を形成するだけでなく
早期に今期の学生さんが何を考えているのか?
情報収集が出来ますね。

新卒採用は、インターンからというのが
今後の新卒採用の主流になるかもしれないですね。


インターンシップに関する情報詳細は こちら
インターンシップ活用法セミナー


新卒採用アウトソーシングメニューの詳細は こちら
合同説明会 合同企業説明会の活用方法はこちら

-お問い合わせはこちら-------------------
新卒採用お問い合わせ
新卒採用お見積もり
中途採用ツールお問い合わせ
参考:弊社転職サイト

"新卒採用におけるインターンシップでの「母集団形成」手法" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント